【帰来 雅基】
映画の素晴らしさを多くの人に伝える事に喜びを感じる好奇心旺盛なA型人間。映画の原点は「ベン・ハー」で究極のアイドルは原田知世という絶妙のバランス感覚が持ち味。
【中井今日子】
永遠の映画少女は一日にして成らず。父親に連れられ、3歳にして映画館デビュー。夢見る夢子はそのまま大人になり、未だ銀幕スタアの一挙一動に心ときめかす日々。所在の掴めない時は、劇場を探す方が早い・・らしい。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月27日 (金)

あれっ、Mrs.マニア・・?

200610261834000jpg ・・なーーんて間違ってくれる人はいないだろうなあ・笑。W・M・Cに置かれている「プラダを着た悪魔」のPOPです。アン・ハサウエイって、伸びやかな手足がとっても魅力的な女優さんよね、顔はキュートな“アヒル系”だけど。足の長さの10分の一、いえ20分の一でもいいから分けて欲しいわあ。

10月 27, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

「講演と映画の日」・・・

200610231120000jpg 10月22日(日)、(財)香川いのちのリレー財団と香川県の主催、臓器移植や骨髄移植を考える講演会と映画「友情ーFriends-」の上映会が香川国際会議場で開催されました。ドナー体験者(臓器提供者の遺族)の講演に心打たれ、映画もたっぷりと堪能できた3時間30分。

映画「友情ーFriendsー」は急性リンパ性白血病に侵された少女が、家族の愛や友情に支えられて精一杯明るく生き抜く姿を描く感動作。主演はこれがデビュー作となった三船美佳さんです。(1998年の作品)キリリとした風貌と初々しさが光ってます。

話と映像で人の心に届くことって、いっぱいあるよね。

10月 23, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

200610211002000jpg 間もなく開幕、「さぬき映画祭2006」。東京国際映画祭上映作品、大林宣彦監督最新作「22才の別れ」の上映、大林・朝原雄三・本広克行・高畑淳子(女優)さん等を迎えてのシネマフォーラム、藤澤恵麻ちゃん坂口憲二さんのシネマ&トークなど、内容盛りだくさん、話題性バッチリ!

詳しくは県のHPをチェックしてみてくださいね。

http://www.pref.kagawa.jp/sanukieigasai

※尚、チケットにはいろいろ種類があります。いずれもエフエム香川でも扱っていますので、ぜひどうぞ。

  (担当:Mrs.マニアこと 中井今日子)

10月 21, 2006 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

時は流れても・・・

Img_3074jpg かつての原田知世版(1983年)が好きで好きで・・・とのたまう、我等がMr.マニア。今回は細田守監督のアニメ版として登場。タイムリープというSF要素となんとも切ないテイストは踏襲されつつ、新たな現代の要素も加味された素敵な作品になっています。私Mrs.マニアもオススメよん。

(写真:チラシのマコトと同じように飛んでいるポーズをとったつもりのMr.マニア。顔がダチョウ倶楽部の上島竜兵になってません??

10月 20, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

おぬし、デキルナ・・・!

写真を撮るの忘れたドジなMrs.マニア;;とりあえず文章で報告をば。

「逆説の日本史」などでお馴染み、作家&コラムニストの井沢元彦さんと仕事をご一緒した時のこと・・・、恐れ多くも「映画カルトQ」みたいになって質問の応酬をしていたら、さっぱり歯が立たず; いやあ、さすがにA級雑学博士、守備範囲の広く深いこと深いこと。

おみそれしました。ちなみに嘘か本音か?映画の番組にも出たいから出してよ・・ってか。ギャラ度外視で出てくれるってニュアンスだったけど本当かしらん・笑。

期せずして映画ネタで場が和んだひとときでした。

「いやあ、映画って本当にいいですねー」

10月 17, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

またまた航空マニアな1日!

またまた航空マニアな1日!

岐阜基地の航空祭に遠征しています。日常を脱出するという意味では、ヒコーキも映画も同じ。MR.MANIAとしては、有意義な時間です。日本でも本格的航空映画が作られる事を祈りたいもんです。

10月 15, 2006 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

第二回映画検定!

第二回映画検定!

いよいよ二回目の映画検定です。12月3日に向けてまたドキドキの時間。僕も一級に挑戦します!今回はしかも会場が高松市内というありがたさ!地の利を生かして突撃だ〜っ!皆さんもぜひご一緒にいかがですか?

10月 13, 2006 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

前後しますが・・・

Img_3025jpgo 同じく9月30日、W・M・C宇多津で久々の再会、本広監督と。

公開から1ケ月以上たってるので「正直、キャンペーンモードじゃないんだけどなあ」・・なんて・笑。

Img_3029jpg そこは「まあまあまあ・・仲良くやりましょう!」てな感じで2ショット。次回は11月3日から始まる「さぬき映画祭2006」のイベントでの再会を約束して別れたのでありました。

※さぬき映画祭2006では、本広監督はじめ朝原雄三監督や大林宣彦監督等々、そうそうたる映画人が集まってきますよ。追加情報に要チェック!

10月 5, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

「UDON」舞台挨拶その2・・・

200609301448000jpg 200609301540000jpg W・M・C宇多津と高松での舞台挨拶の合間は、ユースケ&小西組と本広監督は別行動で、それぞれマスコミ対応に追われていました。私(MC中井)は、監督組として同行。写真は「とことん土曜日」(RNC)出演直前の打ち合わせ風景。

(右)いざ、本番!「本広克行のシネマのツボ!」

カントク~、声がいきなりひっくり返ったゾ(笑)

仁多田アナとは最近映画鑑賞仲間でお友達、スッゴクカワイイ天然キャラ(笑)、いやあファンになりました、私。

10月 1, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「UDON太郎」だア!

200609301312000jpg 30日に行われた、映画「UDON」香川大ヒット御礼舞台挨拶。

ワーナー・マイカルシネマズ宇多津には、本広監督の同級生チームから、こんなカワイイ差し入れが!「UDON太郎」を型どったケーキ、ちゃんと胴体まで付いていて、おまけに美味しそう・・・

持つべきものは旧友、この日も会場からは惜しみない声援と拍手が送られましたよ!

10月 1, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)