【帰来 雅基】
映画の素晴らしさを多くの人に伝える事に喜びを感じる好奇心旺盛なA型人間。映画の原点は「ベン・ハー」で究極のアイドルは原田知世という絶妙のバランス感覚が持ち味。
【中井今日子】
永遠の映画少女は一日にして成らず。父親に連れられ、3歳にして映画館デビュー。夢見る夢子はそのまま大人になり、未だ銀幕スタアの一挙一動に心ときめかす日々。所在の掴めない時は、劇場を探す方が早い・・らしい。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

さて、どこでしょう?

さて、どこでしょう?
日本中どこにいっても映画館を探すMR・MANIAです。今回は神奈川県相模原市にあるMOVIX橋本にきました。やってる作品は香川県内シネコンを全部足したような感じです。今のイチオシ作品は「踊る3」でした!

6月 26, 2010 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月21日 (月)

映画三昧の週末・・「きな子」狂騒曲;;

昨年香川県下でロケが行われた、映画「きな子~見習い警察犬の物語~」公開まで
2ヶ月を切った~!
オール香川ロケのこの映画には、地元企業も賛同。
記念の「きな子電車」が、高松琴平電気鉄道で走ることとなり、6月19日(土)は、そのスタートアセレモニーが行われました。
Jpg

もともと黄色と白のツートンカラーだった車両に、“黄な粉”色のきな子がラッピングされている・・

Jpg_12
シートの背もたれには・・eye
「あら、カワイイheart

Jpg_4

天井にもいた!

Jpg_14
ん?こ・この足跡は・・search
きな子はこの車両にいるゾ

Jpg_8

この日は、スタートセレモニーということで、記念すべき「きな子電車」第一便に、応募いただいた方のみの限定試乗となりました。

区間は、コトデン瓦町⇔仏生山駅

ほどなく電車は仏生山駅に到着・・bus

Jpg_9

応募で当選した親子連れがドッとホームに降り立って・・
子供たちも楽しそうですscissors

Jpg_15
実は、この日セレモニーMCと、臨時便の車掌さんとして乗っていたのが、Mrs.マニアnotes

仏生山駅での40分ほどの停車時間中に
しっかり写真を撮ってもらいましたcoldsweats01

slate オール香川ロケの映画「きな子~見習い警察犬の物語~」は、8月14日全国公開。
香川では、それに先立ち8月7日の土曜日から、W・M・C高松・綾川・宇多津の3館で上映されます。お楽しみに!
P.S. 高松琴平電気鉄道の「きな子電車」は、高松ー琴平線で、1日最大18便の運行。
(来年の3月末まで)
ぜひ、このカワイイ車両に乗ってみてくださいね。

6月 21, 2010 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

大和ミュージアム。

大和ミュージアム。
二年ぶりにやってきました。映画「男たちの大和」はもう五年前のことです。平和の有り難さを実感したMR・MANIAでした!

6月 20, 2010 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

庄内映画村REPORT

sunH22年5月30日(日)
やってきました、山形は庄内映画村資料館。
国際的HITとなった「おくりびと」の成功で、改めて注目された庄内地方の“ロケ地”としての価値。ご当地出身の藤沢周平ものはもちろんのこと、近作「座頭市」「必死剣 鳥刺し」まで・・いっぱい作られてますねーmovie

Photo_2 Jpg_2

庄内空港に降り立って、まず立ち寄った
レンタカーの受付窓口で早々に発見!

おおっ、山形(特に庄内地方)は
映画を前面に打ち出しているゾ!

Jpg_20
まずは「参上!」の証拠写真camera

庄内映画村資料館
〒997-0158
 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29番地五番蚕室内
 TEL:0235-62-2134 (お問合せ専用)
http://www.s-eigamura.jp/html/material.html

まずは「参上!」の証拠写真camera

Jpg_19
資料館に入ってすぐ目に飛び込むのが、
右にしつらえてある「おくりびと」コーナー。

「棺に入って記念写真撮ってもいいですよ」

・・と言われても;;
結局、外から撮らせていただきましたワ。

Jpg_5 Jpg_7
スチール写真にジオラマに・・
元、養蚕工場の建物をそのまま使った趣のある建物の中には、1F/2Fそれぞれに、映画や作品ごとの記録が残されています。
Jpg_8 Jpg_6

庄内映画村には殺陣の会のようなものがあって、「座頭市」の撮影でも出演しているらしい・・です。(「座頭市」エンドクレジットで発見)
上の武具の他、いろいろな大道具・小道具が展示されています。
 Jpg_23   
順路左側を進んでいくと藤沢周平作品のコーナーが・・。(これは“蝉しぐれ”)
作品毎にスチール写真が屏風に貼られ、
なんとも素敵lovely
Jpg_21 Jpg_22
二階は大半が、「SUKIYAKIウエスタン・ジャンゴ」のコーナーeye  
内容もさることながら、色使いや小物、美術全般で、非常にチャレンジングな映画だったことがわかりますねーsign03
Jpg_16 Jpg_17
wink行きに続いて、帰りもまた記念写真(今度は落ち武者と・・)これってひょっとして
「山形スクリーム」の竹中直人・・かsign02coldsweats01
〆はお土産コーナーでShopping!

今回は友人を訪ねての“山形の旅”でしたが、県内でも“庄内”地域であったのが非常にラッキーでした。
食の庄内・・、いわずと知れた“米どころ”、水のきれいな“酒どころ”・・
とうとうと流れる最上川・・

日本(東北)の典型的な田園風景(原風景)と、質実剛健な人々の暮らしが
まだまだ息衝いている地方。
有名な羽黒三山にも少々足を延ばしたり・・と
映画ファンならずとも、一度は足を運んで欲しい
素敵なところでしたpaper

Jpg_18 Jp

6月 2, 2010 | | コメント (1) | トラックバック (1)